シャドウバースの話@24 新カード考察

どうもfioreです。

 

f:id:fiore_susa12:20170624204518j:image

 

残りレアリティ考察の続きです。

今回はドラゴンとネクロの最後のカードです。

 

・戯曲の竜剣士
ドラゴン 3コスト ゴールド
進化前 攻撃力5 体力6
【守護】
【ファンファーレ】相手の場にドラゴン1体を出す。

進化後 攻撃力5 体力6
【守護】
【進化時】相手の場のドラゴン1体を消滅させる。

 

スタッツと引き換えに相手に大きなアドバンテージを取らせるカード。単体性能3コスト5/6守護とぶっ壊れ性能なのですが、相手の場に5/5のドラゴンを出してしまいます。進化することでディスアドバンテージを無くすことが出来ますが、進化後スタッツは変わらず5/6。これなら4コストを進化するのと変わらないです。

ただ、相手の場に出したドラゴンだけではこのカードを返す事は出来ないので賭けになる。ドラゴン自爆&フォロワーかスペルで除去することになるが破魔の術式やサディスティックナイトでドラゴンが残る形で取られてしまうと目も当てられない。

2pickでは相手の場を壊すことになりかねないので取りたくはない。序盤こそ少しは貢献するものの確定除去が使えるppになったらドラゴンが残りやすくなるので後半使いにくいのも問題。

 

・漆黒の獣戦士

ドラゴン 7コスト ブロンズ
進化前 攻撃力6 体力8
【守護】
【ファンファーレ】手札からコスト最小のドラゴン・カードをランダムに1枚捨てる。

進化後 攻撃力8 体力10
【守護】

 

ディスカード高スタッツ守護のフォロワー。これと言って説明する事のないほぼバニラフォロワー。スタッツだけでみると理想的な7コストであるが、ディスカード以外の効果も持たず、コストも重く使いにくい。守護だけで見るなら除去効果のあるオウルガーディアンの方がいいだろう。

2pickでは後半処理されないなら出してもいいね位の感覚。ディスカード効果が2pickにおいて大きなディスアドになるのは頂けない。出来れば取りたくない。

 

・竜の石像

ドラゴン 4コスト ブロンズ
自分のターン終了時、「相手の場のカードの枚数」が自分より多いなら、このアミュレットはドラゴンに変身する。

 

劣勢の時にドラゴンになるアミュレット。展開力に優れる相手にはめんどくさいだろう。今のネクロのように1コストを大量に展開する相手には使いやすい。

しかし、自分のターン終了時効果なのですぐに対応出来ない事がつらい。そのままドラゴンを放置され、顔を詰められるとそのままピンチになりえない。

2pickでは置けるタイミングがあれば置いておいてもいいだろう。置くことによって取り返せなくなる事もあるので4ターン目にとかには置きたくない。

 

・セイレーンの涙

ネクロマンサー 2コスト シルバー
自分ターン終了時、自分の場にネクロフォロワーとニュートラルフォロワーがいるなら、ランダムな自分のネクロフォロワー1体を破壊する。
その後、ランダムな自分のニュートラルフォロワー1体を「そのネクロフォロワーの攻撃力の値」と同じだけ+1/1する。

 

 ネクロフォロワーを犠牲にニュートラルフォロワーを強化するアミュレット。攻撃力の分だけ強化されるので体力は関係ない。進化してぶつけて残れば強化の材料になれる。自壊の手段とも言えるので不死者や解放者などを破壊して強化、処理、展開など様々な使い方が出来そう。モルディカイならエンドレス+5/5強化素材となれる。新カードの毒林檎とのシナジーもあり、ニュートラルネクロでも活躍の場場があるありそう。

ただ、ダークアリスはラスワでネクロカードを消してしまうので注意。

 2pickではネクロフォロワーが勝手に破壊されていってしまうので、絶対取らない、取っても出さない、これ大事。

 

・デーモンイーター

ネクロマンサー 2コスト ブロンズ
進化前 攻撃力1 体力2
【ファンファーレ】自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、カードを2枚引く。

進化後 攻撃力3 体力4

 

ソウルコンバージョン内蔵型フォロワー。自壊&ドロー&フォロワーと三拍子揃ったカード。スタッツは1コスト相当でライバルはスカルウィドウ。自壊の手段として使いドローも出来るのは強い。ネフティスガチャの邪魔にもならない2コストでネフティス引く確率を上げられるのはいいだろう。

しかし、出すフォロワーとしては弱いし、破壊するフォロワーがいなければ役に立たないのはコンバージョンと同じ。

2pickでは自壊手段として入れるのはいいが2ターン目に出すカードとしては弱いのが難点。ゴーストや貴公子などに使って中〜後半のドローソースにしたいところ。

 

今回のドラゴンのカードは癖の強いものばかりで使いにくそうというのが素直な感想です。

ネクロのセイレーンは強化軸のニュートラルデッキで面白そうな事になりそうです。

次の記事で新カード考察は最後になります。

シャドウバースの話@23 新カード考察

どうもfioreです。

 

f:id:fiore_susa12:20170624204500j:image

 

もう新パック解禁まで残り僅かになりました。

レジェンドはもういませんが、デッキを支える残りのレアリティのカードを考察していきます。

 

・獅子の豪傑
ニュートラル 6コスト シルバー
進化前 攻撃力4 体力5
【守護】このフォロワーは攻撃されるとき、+1/+1する。

進化後 攻撃力6 体力7

 

戦闘される度にステータスが上がる面白いフォロワー。相手フォロワーからの攻撃時限定で攻撃力と体力が1上がる。素で相手実質5/6進化時7/8となる計算。効果を理解していない相手なら計算間違いをしてぶつけてきたフォロワーを取って残るかもしれない。攻撃力1のフォロワーからの攻撃は実質0になる。

ただ素のスタッツは6コストにしては低く効果が発動してこそのフォロワー。スペルや能力ダメージには効果が発動しない為、そう言った相手には弱いだろう。ミストシャーマンで能力選択出来なくしてあげると強そう。

2pickではスタッツ、効果を考慮しても並みの活躍しか出来なさそう。

 

・雪原の戦士

エルフ 4コスト シルバー
進化前 攻撃力3 体力3
【突進】自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して、このフォロワーは破壊されなかったなら、+1/+1する。

進化後 攻撃力5 体力5

 

突進とバフを兼ね備えたフォロワー。エルフの4コスト突進はフェアリーナイトの3/2がいたが体力が1高い分、こちらの方が残りやすいだろう。先行4ターン目に出せると強い。攻撃力1のフォロワーを取ると実質0ダメージ。スタッツを 考えるとコストが重いのが難点。

2pickでは先行、後攻と進化権の温存に貢献してくれる。攻撃力が上がるので相手の返しにもダメージを稼げる。

 

・ティトール・ディ&ダム

エルフ 2コスト ブロンズ
進化前 攻撃力2 体力2
【ファンファーレ】このターン中にカードをプレイした枚数を+1する。

進化後 攻撃力4 体力4

 

プレイ数を稼ぐ新たなフォロワー。エルフ特有のプレイ数で効果を持つカードの為のカード。簡単に言ってしまえばフェアリー2体分。このカードの強みは場を埋めないことにある。リノセウスでフィニッシュを狙う際に0コスフェアリー2体から動いたりすると場がフェアリーで埋まりリノが出しにくい&導き無いと詰むという問題を軽減できる。1コストが手札にない時も便利だ。

ただ、ミニゴブのサーチに引っかかるコストでリノを持ってこれる確率を下げることに。エルフの2コストにはリザやリリィなど役に立つ効果を持つものがいるので、コンボパーツでしか無いこのカードは腐りやすい。

 2pickでは2コスト2/2としてはもちろん。コンボカードの発動に意外と貢献するかも。割といいカードなのでは無いでしょうか。

 

・マスタークノイチ

ロイヤル 5コスト ブロンズ
進化前 攻撃力3 体力2
【潜伏】
【ファンファーレ】「クノイチエッグ」1体を出す。

進化後 攻撃力5 体力4
【潜伏】

 

潜伏を展開出来るフォロワー。カエルじゃない潜伏ロイヤルで展開でき、盗賊の極意の効果を最大限に受けられる。

しかし、ロイヤルの5コストは激戦区故まず採用されない。出したターンは顔面ガラ空きになる事も痛い。

2pickではどちらかフォロワーを残せるのはいいのだが、ルミナスと比べるとそこまで。コウガクノイチに代わる打点保険か。

 

・魔女の大釜

ウィッチ 1コスト ブロンズ
【土の印】
【ラストワード】カードを1枚引く。

 

ドロー効果の土の印。同じような一枚ドロー効果は2コストの雄大なる教えがあったが、即時ドローでなくなった代わりにコストが減った。秘術ウィッチは意外と手札に困ることが多く、ドローソースを増やせるのは助かる。ラスワなので秘術を使うタイミングを調整すれば好きな時にドロー出来るのもいい。更に1コストということ7ppで即時破砕&ドローと使い道は多い。ファンデッキに過ぎないが土軸冥府ウィッチには美味しすぎる土の印。

2pickでは秘術を取らないとドローする効果も秘術も意味がないので上手くpickの時点で調整が必要。ちゃんと使えるなら強いカードになる。

 

魔女の大釜はコントロール秘術に使いたいですね。ドローソースに困っていたので。

ディダムもリノエルフでどこまで活躍してしてくれるのかも楽しみです。コンボエルフの可能性も広がるかもしれません。

シャドウバースの話@22 新カード考察

どうもfioreです。

 

f:id:fiore_susa12:20170622175016j:image

 

残りのカードが全て公開されました。考察も数回ほどでまとめたいと思います。

 

・偉大なる魔術師・レヴィ
ウィッチ 6コスト ゴールド
進化前 攻撃力4 体力4
【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【土の秘術】相手のリーダーか相手のフォロワー1体ではなく、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。

進化後 攻撃力6 体力6

 

若かりしレヴィ。秘術ウィッチにお手軽AOEが登場。フォロワーかリーダーへの3点とバーンダメージとしても優秀。同じくコスト帯にディザスターウィッチがいるが此方は6ppで紅蓮の魔術が撃てるようなものなので優先度は高いだろう。同じコストには破砕の禁呪が存在しているので、ウィッチの6コスト帯が必ず強くなった。

2pickではスタッツは低いものの効果による除去性能が高く、発動条件も容易なので取りたいゴールドの一枚だろう。

 

・闇魔法の教師・ハイルライン

ウィッチ 6コスト シルバー
進化前 攻撃力5 体力6
【守護】
【ファンファーレ】自分の他の手札のスペルブースト5回未満のカードすべてに5回までスペルブースト する。

進化後 攻撃力7 体力8
【守護】

 

事故った超越やドロシーの救済フォロワー。超越やドロシーを序盤に引けず、全然スペブ出来ない時のお助けカード。効果自体はドロシーによく似てる。ゲイザーは0コストにはなるし、運命の導きも0に。

ただ、5回までスペルブーストと書いてあるので4回スペブしたカードは+5で9回にならず、+1で5回になるだけだと思われる。このカードを出しても間に合うのかと思う。

2pickでは狙ってスペルブーストを進める為のスペルやフォロワーを取ることが難しいのでこのカードで一気にスペルブースト出来る。まぁpickでスペブ必要なカードがそんなに取れるかは疑問だが。

 

・フラワープリンセス

エルフ 4コスト ブロンズ
進化前 攻撃力2 体力4
【ファンファーレ】自分の他の手札のニュートラル・カードが2枚以下なら、フェアリーを2枚手札に加える。
自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、薔薇の一撃1枚とフェアリー2枚を手札に加える。

進化後 攻撃力4 体力6

 

初のローズクイーン以外の薔薇の一撃生成フォロワー。運営激推しニュートラルエルフ用フォロワー。バーンダメージの狙える薔薇を加える方ができ、手札も増やせる。ニュートラルテンポエルフのバーン用に採用するのもいいだろう。

しかし、他のニュートラルエルフ用のカードとの兼ね合いでエルフのカードは入れづらいにも関わらず、薔薇がそこまで必要なのかと言われるとそうでもない。4コストならアリスを出した方が以降の動きも強くなるのでそちらを優先したい。

2pickではコストの重いフェアリーウィスパラー。特段強くはない。

 

ウィッチにAOEが増えていきますね。ただ、コストがそれなりに重いので相変わらず潜伏や能力の対象にならない奴には弱い事に変わりはないでしょう。

シャドウバースの話@21 新カード考察

どうもfioreです。

 

f:id:fiore_susa12:20170622175124j:image

 

最後のレジェンドがついに発表。ヴァンパイアの面白いアミュレットも来ました!

 

・ジャバウォック
ドラゴン 8コスト レジェンド
進化前 攻撃力7 体力7
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを破壊する。破壊したフォロワーそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。

進化後 攻撃力9 体力9

 

盤面を自壊してガチャを引けるロマンレジェンド。条件の厳しいネフティスの様な効果。盤面にフォロワーがいなければ意味のない効果に加え、ランダム要素が多い。出したいフォロワーはドラゴンならジェネシス、フォルテの疾走組、天窮の竜神、ウロボロスニュートラルならルシフェル、ゼウス、GMD辺りかと。無謀なる戦とのコンボで一気に畳み掛けられるロマンもある。アポカリプスデッキならどれが出ても強力でデッキ圧縮にも繋がる。

しかし、盤面を残すと言う条件が厳しい。ドラゴンで展開してる場面はあまり見ない。展開出来るフォロワーも少ない。さらに問題なのは破壊したフォロワーのコストより大きいフォロワーがランダムに選ばれるところ。2コストを破壊したら3とか4が出る可能性があり、あまり意味が無くなる。

2pickではちゃんと効果を使えるとアドバンテージが得られるが難しい。相手の盤面に干渉できる効果でないので出しどころを考える必要がある。

 

・白猫の賢者・スノウ

ニュートラル 5コスト ゴールド
進化前 攻撃力3 体力4
【ファンファーレ】カードを1枚引く。自分の他のフォロワー1体を+1/+1する。

進化後 攻撃力5 体力6

 

ドローと強化を両立するフォロワー。何とも言えない性能。弱くもないし別段強くもない。他のフォロワー1体と並の強化。アリスなどと組み合わせて強化軸のニュートラルテンポデッキに入れたい。

2pickではドロー要員としてはスタッツが低く5コストも使いたくない。

 

・ゴーレムアサルト

ウィッチ 2コスト ゴールド
【土の秘術】【エンハンス】6:エンハンスしていたならガーディアンの練成3枚を、エンハンスしていないならガーディアンの練成1枚を、手札に加える。
土の秘術していたなら、自分の手札のガーディアンの練成すべてのコストを-1する。

 

素出しとエンハと秘術で3つの効果を持つスペル。素出しで2コス3/3を出せるスペルを取得し、エンハでそれが3枚となる。土の印があるのならば1コスト3/3とかなり強い。しかも最大限3枚。新カードの禁忌の効果のために手札を増やす使い道がある。低コストスペルから低コストスペルを生み出しフォロワーも出せるので超越に入れることが出来る。テンポは遅いがクレイゴーレムより強いガーディアンゴーレムを置けるのもいいところ。

2pickではエンハ秘術で使えると次のターンから爆発的なアドバンテージが取れる3ppで合計9/9の守護が並ぶ。ただ6pp何も動けず、次に守護を並べるという守りの動きなのでppに余裕がある時の選択肢となる。

 

・三月ウサギのお茶会

ビショップ 5コスト シルバー
【カウントダウン】4
【ファンファーレ】【ラストワード】ブリキの兵隊1体を出す。

 

神魔裁判所と同じくファンファーレラスワの効果。ブリキの兵隊というニュートラル4/5進化時デモストというフォロワー。このカードの強みは5コスト相当のフォロワーを出しつつ、ラスワでもう一体と10コスト相当のフォロワーを出せる。ブリキの兵隊の効果は疾走ビショップとの相性がいい。5ターン目にに置いても次のガルラに繋げるのが強いですね。5コストにはAOE持ちのレオスピがあるので好みの方を採用する事になるだろう。レオスピとの違いは体力の差だろう。

2pickでは展開力が抜群にあり、ブリキも進化時2処理可能なのでレオスピに並んで取りたい5コストになりそう。

 

・長老の樹

エルフ 6コスト シルバー
進化前 攻撃力4 体力5
【守護】【ファンファーレ】自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。

進化後 攻撃力6 体力7
【守護】

 

エルフ版条件付セージコマンダー。新パックのエルフに多い手札のニュートラルの数に依存するカード。やけに運営に推されているテンポニュートラル要員。同じ様な効果のシンシアとの違いは結構ある。シンシアはシンシアが残る限り攻撃時に上がり続けるところ、進化時フェアリー2体、進化前スタッツが高い。長寿の樹は守護を持ち、他のフォロワーの体力も上がる、構築がニュートラルに縛られる。

2pickでは効果は空気。バニラフォロワーとして使うならレイジングエティンでいい。取りたくない。

 

・火遁の術

ロイヤル 2コスト シルバー
相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分の場に潜伏状態のフォロワーがいるなら、3ダメージではなく6ダメージ。

 

待望のロイヤル2コスト3ダメージスペル。やっとロイヤルもグリームニル相当のスタッツをスペルで取れます。潜伏フォロワーがいる場合にダメージが非常に高くなるのでカエルロイヤルとの相性抜群。相手の守護も楽な突破出来るでしょう。

2pickではロイヤル数少ないダメージスペルであり、潜伏フォロワーのpickのし易さと相まって強そうです。シャドウアサシンを出してから使えば除去力ピカイチ。

 

・悪魔の鍵

ヴァンパイア 3コスト ブロンズ
【カウントダウン】:5
自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のコスト最大のフォロワーをランダムに1枚場に出す。

 

悪さをしそうなアミュレット。ラスワで手札の最大コストフォロワーを出せちゃう優れもの。新カードの出でる者とのシナジーがやばい。ヴァンプの自傷をさらにメリットに変え、相手からのリーダーへの攻撃への牽制にもなる有能さ。2ターン目バフォメットのサーチで大きいフォロワーを手札に加え、3ターン目にこれを置く事で早目に出せる。

ただ、ファンファーレは発動しないので単純な効果の強いやつに限る、出でる者のほかには疾走フォロワーやターン終了時効果のフォロワーが候補として挙がるだろう。

2pickではテンポロスは痛いが効果はかなり強い。手札に大きいフォロワーを引いておかないと意味が無くなる点も状況次第としか言えない。置けるときに置こう。

 

・スケルトンオーガ

ネクロマンサー 2コスト ブロンズ
進化前 攻撃力1 体力4
【攻撃時】【ネクロマンス】4:+2/+0する。

進化後 攻撃力3 体力6
【攻撃時】【ネクロマンス】4:+2/+0する。

 

強化型ネクロマンスフォロワー。糸蜘蛛と同じスタッツに攻撃時ネクロマンスと強力な効果。ミントとの相性○。スケルトンオーガ→ゴブリンゾンビ→ミントの流れで強い盤面を作れそう。

ただそう上手く残るとも思えないし、ネクロマンスも地味に重い事から実用性は無さげ。所詮ミントはミントだろう。

2pickでは攻撃力の低さから相手の2コストを取れない可能性アリ。糸蜘蛛と違い守護も付いていない為放置されるかも。

 

最後のレジェンドはガチャ系でしたね。面白そうですが安定した動きが出来るとも思えないのでファンデッキの域を出ないのではないでしょうか。

ヴァンプのアミュレットはミッド以降のデッキの強化になって自分としては嬉しいです。ブラッドムーンと同じコスト帯なので共存は難しそう。

シノアリスの話@3 進捗報告

どうもfioreです。

 

久しぶりにシノアリスの記事です。

 

メンテ祭りが終わりマトモに動作するようになってから少しずつ進めております。

ギルドにも入り、無課金ながらそこそこ真面目にやっています。

ちまちまと空き時間を利用してやっと総合値45000を超えました。

 

f:id:fiore_susa12:20170622192456j:image

 

モノガタリはハードが解放され、憎悪の章の3-10で詰んでいます。ボス硬すぎ。

イベントの方も総合値足りるところまでは進め、クロノメダルは素材系と交換。

シンデレライベも8節まではクリア出来ました。

あとは50000を超えてドリゼラを取りたいのですが50000の壁が高い。。ガチャも少し回しましたがssが被ったりと付いてない結果に。新ガチャがイベント終わる前に来てくれるといいなぁ。などと思いつつ、防具の進化素材を集めている今日この頃でございます。

 

新しいDTCGのドラクエライバルズが楽しみです。 それまではシノアリスを見定める期間にします。果たして覇権を取れるアプリなのでしょうか。

シャドウバースの話@20 新カード考察

どうもfioreです。

 

f:id:fiore_susa12:20170620225919j:image

 

残りのカードが少なくなってまいりました。今回はエルフの2枚目のレジェンドがいます。

 

・ルナルの魔術師・プリス
ウィッチ 5コスト ゴールド
進化前 攻撃力3 体力6
【ファンファーレ】相手のフォロワー1体に「自分の他の手札のニュートラル・カードの枚数」とおなじダメージ。
エンハンス7:その後、このフォロワーは進化する。

進化後 攻撃力4 体力7
【疾走】

 

除去、進化時疾走とスペル関係ないウィッチフォロワー。ウィッチには珍しくスペルブーストも土の印も関係無く、他のクラスにいてもおかしくない正統派。手札のニュートラル枚数によってダメージを飛ばせる効果もニュートラルで構成したウィッチならダメージは出しやすいだろう。エンハで自動進化し4/7とソウルドミネーターを上回るスタッツになる。5ターン目に進化疾走として使ってもアルベールと同じ体力故に取られにくい。ニュートラルフェイスウィッチとかいうデッキが組めるようになるならかなり強いカードになるだろう。バーンカードで固めても強そう。

2pickでは効果は打点が出しにくく空気になる事がありそう。進化権の切れた後のエンハで盤面を取れるのは強い。

 

・荊の森

エルフ 2コスト シルバー
【カウントダウン】2:【ファンファーレ】フェアリー2枚を手札に加える。このアミュレットが場にある限り、自分のフォロワーすべてと新たに場に出た自分のフォロワーすべては「交戦時、交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ

 

手札を増やし守りも出来るアミュレット。フェアリーを2枚加えた挙句に交戦時効果を付与出来る。体力が1の相手フォロワーにはかなり刺さる。単純にフェアリーが場にいたら交戦時2/1と考えられ、スケルトンの様な体力1のフォロワーに対してはダメージを負う事なく、一方的に破壊する事が出来る。2ターン目に置いてもあまり意味は無さそうだがこちらが並べた後に置く事で最大限効果を活かせるだろう。あと1点攻撃力が足りない!という時に重宝するカードになるだろう。

2pickでは中盤以降の盤面の取り合いに貢献できそう。序盤はテンポロスが痛いので置きたくはない。

 

・粛清の聖堂

ビショップ 2コスト ブロンズ
【カウントダウン】5:相手のフォロワーが破壊されるたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
【ラストワード】カードを3枚引く。

 

1コスト重い聖なる願いのカウント進めやすい版。ビショップの大量ドローソース。2コスト5カウントと重いように思えるが相手フォロワーを破壊する事でカウントを進められる。積極的にフォロワーを破壊するデッキなら相性がよく、想定より早くにドローできると思う。テミスを打つ前に置いて置いたり、8ppでテミスと同時に使う事で一気にカウントを進められそうだ。イージスやサタンを主軸としているデッキならば引ける確率が上がるので採用はあるだろう。

ただ、2ターン目にフォロワーを出さない事や消滅ではカウントを進められないという問題点がある。2コストは法典、陽光、獣姫、スノーホワイトなど今後の試合運びを左右するカードが多く、アグロ系のデッキに対して置く暇が与えられないのも辛いところ。

2pickではドローソースとしては上々。カウント的に序盤に置きたい気持ちはあるがテンポロスを取り返せるカードがないと厳しい。獣姫があるならそちらを優先したい。

 

・フェアリードラゴン
エルフ 2コスト レジェンド
進化前 攻撃力0 体力4
【守護】【ファンファーレ】攻撃力を+○する。(この値はバトル中に破壊された自分のフェアリーの数である)

進化後 攻撃力2 体力6
【守護】

 

破壊されたフェアリーの数に依存する珍しいカード。フェアリーが一体も破壊されてない状態だと0/4と2コスト分のスタッツ、破壊されるたび+1されていく面白い効果。テンポやアグロなどフェアリーを展開するエルフで順次破壊されていくフェアリーを糧にフィニッシャー並の攻撃力を持って場に出す事になりそうです。

ただ、体力の低さが目立ち、いくら攻撃力20有ろうと並みの突進フォロワーやスペル、自爆進化などで簡単に取られてしまう。フェアリーが破壊され尽くした後半に出してもグリームニル一枚で返される悲しい体力。新たなる運命で手札のフェアリーを捨てても破壊されていないので攻撃力に影響はなく、冥府での採用も無さそう。夢はあるが使いにくさは異形と並ぶと思う。

2pickではまずフェアリーを生み出すカードを取れるかが第一関門となる。構築戦と同じく、攻撃力を上げても体力の低さに泣かされると思う。1ターン目フェアリーサークルから動け、3ターン目に2/4守護として出すくらいが最良の使い道かと。それでも弱いが。。。

 

・歌劇姫フェリア

ニュートラル 2コスト シルバー
進化前 攻撃力2 体力2

進化後 攻撃力4 体力4
【進化時】自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する。

 

進化時自陣ニュートラルにバフを掛ける低コストフォロワー。対象が他のフォロワーなのでこのカードが進化時5/5にはならない。しかし、他にフォロワーを展開されていて、一気に打点を稼げる時に使うと上乗せで稼げるだろう。特徴は体力が上がる事にある。ゴブリンリーダーなど順当に並べていけばゴブリンが2/3、グリームニルが3/4と処理が面倒臭くなる。そこに更にアリスのバフが掛けられればどんどん盤面が硬くなる。ニュートラルアグロで打点稼ぎに入れるのがいいだろう。

2pickでは2コスト2/2として序盤に使えばいいだろう。効果はほぼ使う場面は無さそう。

 

イーグルマン

ビショップ 6コスト シルバー
進化前 攻撃力4 体力5
【守護】自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、このカードのコストを-1する。

進化後 攻撃力6 体力7

【守護】

 

コスト踏み倒し型守護フォロワー。ニュートラルフォロワーを出してコストを下げ、早めに出したいカード。黄金都市の獅子の追加によりニュートラルビショップが考察される中、同じ様にコストを下げられるフォロワーが追加。スタッツは5コスト相当なので一回下げるだけで元は取れる。獅子と合わせて出すと獅子を守る守護となり、一気に盤面を強く出来るだろう。

2pickではコスト下げる事で旨味を得られるが、ニュートラルフォロワーを上手く取り、尚且つ早目に出さないと旨味は得られないだろう。そのまま使う分にはただスタッツを損したバニラフォロワーになってしまう。

 

今回は新パックのコンボパーツとなりそうなカードが多めでした。イーグルマンやプリスなど強そうなフォロワーが多かったですね。

シャドウバースの話@19 新カード考察

どうもfioreです。

 

 f:id:fiore_susa12:20170621124306j:image

 

今回は処理や再生など強めの効果のカードが多いです。いよいよ新パックもスパート。

 

・屈強な山岳隊長
ニュートラル 5コスト シルバー
進化前 攻撃力3 体力5
【突進】
【攻撃時】攻撃力5以上のフォロワーへ攻撃したなら、ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。

進化後 攻撃力5 体力7
【突進】
【攻撃時】攻撃力5以上のフォロワーへ攻撃したなら、ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。

 

攻撃力が高い相手への攻撃は一方的に出来る。このカードの体力が5ということで5以上の相手へは0になり、5以下では必殺など以外では場に残るフォロワー。5ppで進化を使いたくない場合にはちょうどいい。進化時5/7とアルベールと同じスタッツなので処理しづらいのも○。突進なのでラプンツェルとの相性がいい。

2pickでも進化権温存、切れた時の処理など使い道は多数。とても優秀なフォロワー。

 

・アックスデストロイヤー

ロイヤル 6コスト ブロンズ
進化前 攻撃力6 体力5

進化後 攻撃力7 体力6
【進化時】相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。

 

進化時エクスキューションの効果を使えるフォロワー。アミュレット破壊の少ないロイヤルに除去効果持ちが追加。無謀なる戦やデュランダルなど壊したいアミュレットが増えて来た現状での使い道はあるだろう。

進化権を上手く残さないとバニラフォロワーなのが痛いところ。攻撃寄りのスタッツも取られやすいか。

2pickでは貴重なロイヤルの除去効果。最大二体処理出来るのは魅力的。

 

・再生の毒林檎

ネクロマンサー 2コスト ゴールド
自分のニュートラル・フォロワー1体はネクロマンサー・フォロワーになり、“【ラストワード】このフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す”を持つ。

 

ニュートラルフォロワーに再生効果を付与出来るスペル。2コストと軽く打ちやすいのがメリット。3コスト以上にかけることでコスト以上の働きを見せる。残したいフォロワーに掛けておくと残ると可能性が高くなる。守護フォロワーに使うことでそのターンはかなり固い守りになる。例えばゴブリンキングにかければ5/5守護がもう一回出てくるとかなりめんどい。

2pickでは強いニュートラルと組み合わせることが出来れば使い道はあるだろうが打たせて貰えるとは思えない。運良く打てたらラッキーくらいに捉えておこう。

 

・緋色の剣士

ヴァンパイア 5コスト シルバー
進化前 攻撃力2 体力4
【必殺】
【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

進化後 攻撃力4 体力6
【必殺】

 

強化鮮血の口付け内蔵型フォロワー。2コストの鮮血の口付けを撃て、3コスト相当のスタッツのフォロワーを出せる。体力寄りのスタッツに必殺も付いており、5ターン目に出すなら残りやすい。相手としても必殺持ちを殴りたくは無いのでスペルなり進化時効果なりなどで処理したいだろう。スペルを撃たせ動きを弱く出来たら儲けものだろう。効果は鮮血の口付けとは違い、リーダーにも撃てるのでやる事がない時でも腐らない。進化して同じ効果を持つワードローブレイダーを見ると1コスト払うだけで進化権温存出来るのでお得だろう。4ターン目までに広げられた盤面をワードローブで2処理、次のターンこのカードで2処理する事で広がるデッキへの対策が出来るだろう。

2pickにおいても、効果で処理出来る上に必殺持ちとかなり強めのカードになっている。

 

新パックのヴァンプはファンファーレで処理出来るフォロワーが多く2pickで強くなりそうですね。レアリティも低く取りやすいのもいいですね。